薬剤師転職

漢方薬局の薬剤師への転職を検討しましょう

薬剤師転職サイト ← 漢方薬局の薬剤師への転職を検討しましょう

最近では健康保険が適用される漢方薬が増えてきています。
その一方で漢方に関しての知識が乏しい医師による漢方薬の過剰投与や
誤投与についてのトラブルがニュースになったりしています。

だから、漢方に精通している漢方薬局の薬剤師のニーズが高まり
つつあります。

ここでは、漢方薬局に薬剤師への転職をテーマに考えてみたいと
思います。

病院・調剤薬局・ドラッグストアなど一般的な薬剤師の求人と
比較すると漢方薬局の薬剤師の求人は少ないのが現実です。
薬剤師免許を持っていれば取扱できる漢方製剤の種類は多いですが、
実際に触れるチャンスが少ない人たちは意外に多いようです。

漢方薬局や漢方医の先生の指導の下で勉強しながら実務で覚えて
いくケースが一般的です。

漢方薬剤師を目指す人たちには、<医食同源>という考え方が
漢方であるように、生活の中から病気の予防や健康について考えて、
患者様の健康を支えたいという考えを持っています。

そして出来るならば将来的には独立をしたいと考えている人たち
が多いです。実際には、いきなり独立して成功することは難しいし
漢方薬局などで勉強してからになります。

だからこそ良い漢方薬局に転職できるかどうかは将来を占う大切な
ことになるわけです。

漢方薬局が薬剤師を募集するときの文面には、
<未経験者歓迎します>とか<教育制度が充実しています>などの
記載が特徴的です。

ニーズとしてはそれなりにある分野だとは思いますが、
まだまだ漢方薬剤師として専門的に漢方を理解している人材は
薬剤師の中でも極めて少ないです。

だから、薬剤師の免許を持っている人たちで漢方への興味や情熱が
あれば採用したい漢方薬局も多いのです。

そして、西洋医学と漢方のマッチングをテーマにしている薬局も
多くみられ、健康保険の適用がある漢方が増えてきて、その境界線が
曖昧になってきているのも大きな要因です。

このような特徴の薬局も増えてきているので、これまで勉強した
スキルや知識を生かせるフィールドであるのは間違いありません。
面白く患者様のお役に立てる医療分野としては大きな魅力がある
でしょう。

現在、求人がある漢方薬局は都市圏に偏っており地方では
今のところ漢方薬剤師のニーズは少ないようです。

しかしながら、健康保険に適用した漢方を処方できるのは
薬剤師資格をもった人に限られますから、コツコツと転職活動を
続けておけば自ずから結果は出てくるでしょう。

以上、漢方薬局に薬剤師への転職をテーマに考えてみました。
あなたの夢を実現するファーストステップとして漢方薬局への
転職活動を検討してみてはいかがでしょうか。




 おすすめの薬剤師転職サイトは?

このページの先頭へ