薬剤師転職

調剤薬局へ転職する理由と転職のベストタイミング

トップページ ← 調剤薬局へ転職する理由と転職のベストタイミング

薬剤師として調剤薬局への転職を真剣に考えている人も少数派ではないようです。 けれども、なかなか希望する条件の薬局がなかったり求人があっても 競争が激しく内定がもらえないのが現状です。 ここでは、調剤薬局へ転職する理由と転職のベストタイミングについて 考えてみたいと思います。

s 世間一般の就職率と比較すればニーズの高い職種であることに間違いは ないのです。薬剤師は売り手市場だったのにもかかわらず、 ここ数年は買い手市場になっているのですがその原因はどこにあるの でしょうか。

それは、特に都市部での薬剤師免許を持っている人たちが過剰気味に なっているからです。 年間に10000人以上のハイペースで薬剤師が増えてきているのが現状で、 その就職の受け皿となる薬局の数との需給バランスの関係から買い手 市場にシフトしつつあります。

とりわけ、調剤薬局で勤務する薬剤師はとても安定しているので 人気が高いという理由から就職や転職はとても難しいです。 全国展開のドラッグストアと比較すると店舗が激増することも ありませんし、落ち着いて仕事ができる職場なのです。

だから調剤薬局の数に対して希望者が多くなり採用が厳しくなっています。 調剤薬局で募集される薬剤師は薬剤師免許を取得していることは当然と して、それプラス自己衛生管理が徹底されていることが要求されます。

<もしも調剤した薬品の中に異物が混入していたら>という患者様の 不安を拭い去るためにも衛生管理の高い意識が必要なのです。 日本全国的に見れば調剤薬局の薬剤師は不足しているのは事実です。

都市部ではなく地方に行けばいくほど、その傾向は強くなり 調剤薬局では盛んに薬剤師を募集しています。 ただし、今後も現在のペース配分で薬剤師免許を取得する人たちが 増加すると近い将来頭打ちになり、薬剤師が就職難になる可能性は 否定できないです。

特に調剤薬局での勤務を希望している人たちにとて、 就職や転職活動が買い手市場になる日はもうそこに来ているのです。 そういう意味で言えば、<今>が、最も転職しやすい時期であるのは 間違いないです。

以上、調剤薬局へ転職する理由と転職のベストタイミングについて 考えてみました。いろいろな統計データからも薬剤師として仕事を することは毎年毎年難しくなるだろうと指摘されています。




このページの先頭へ