薬剤師転職

40代薬剤師の転職の際は、ここをチェック!

薬剤師転職サイト ← 40代薬剤師の転職の際は、ここをチェック!

転職者が多いと言われる薬剤師業界ですが、40代で転職するとなると、若い年代よりさらに慎重になる必要があります。40代といえば、現職でもそれなりの役職や業務を任され、家庭があれば子供にも教育費がかかる時期でしょう。 そんな40代の薬剤師の方が転職を考え、成功させるには、どんな点に注意が必要かを確認します。

企業側から見て、40代の転職者に求めるのは「即戦力」そして「経験」です。ベテランの薬剤師が急に退職してしまい、現場を切り盛りする新しい社員が必要となって求人を出す、というケースはよく見られます。

そんな求人では、やはりベテランの薬剤師を採用し、即戦力として働いてもらうのが一番です。このような場合に、経験があり、すぐにでも戦力になりうる40代の転職者は有利になるでしょう。

逆に、未経験分野への転職では、40代はかなり不利と言えます。新しいスキルを身につけてもらうなら、年齢が若いに越したことはありません。30代前半であればまだしも、40代となればかなり厳しい状況です。

社会的動向としても需要と注目が高まっている「CRC(治験コーディネーター)、MR(製薬会社営業)」の分野では、薬剤師資格は必須ではなく、「未経験OK」といったオープンな求人もよく見られます。

しかし仕事内容をイメージしてみると、未経験の方がいきなりバリバリこなせる業務ではありません。未経験OKという言葉は、若い世代の方に向けられていると考えたほうが良いでしょう。

薬剤師の昇給の機会はある程度限られ、40代を過ぎれば頭打ちであると言われます。そんな時、「MRなら年収1000万円も可能」という情報を聞き、「ではMRに転職を」と考える方がいるかもしれません。

これまでもCRC、MRの仕事をしてきた方が、経験を生かしてステップアップとしての転職をするならば十分アピールが可能ですが、これまで調剤薬局でのキャリアしかなく、40代で製薬会社への転職、というのは、かなり成功率は低くなります。

企業側が「即戦力」「経験」を求めるならば、薬剤師側もこの2つをアピールポイントとし、これまで携わってきた分野で、ステップアップとしての転職を考えるのが賢明です。

40代で「職場環境を変えたい」「違う業務がしてみたい」という理由で薬剤師が転職を考えても、より良い求人は見つけられないでしょう。それよりも「自分がアピールできるスキル」から、転職先を決めてください。

40代までの経験を生かした成功例が多いのは、「管理薬剤師」としての転職です。管理薬剤師には、多くの薬剤師をまとめる、経験に裏打ちされたコミュニケーション能力が必要です。

40代の方が管理薬剤師としての採用を希望する場合には、年齢条件がプラスに働くのです。収入もそれなりの金額になり、ステップアップできるケースも多いでしょう。

とはいえ、特に年齢が上昇するほど、転職の成否は個人の経験・スキル・資質などに因る部分が大きくなり、一般論が当てはまらないケースもあります。

薬剤師専門の転職支援サイトで、これまでのキャリア、これからのプランについて転職エージェントと相談し、検討することをおすすめします。エージェントは薬剤師転職のプロなので、信頼できるアドバイスを受けることができます。 40代の薬剤師の方にもおすすめの転職サイトは、下記を参考に選んでみてください。




 おすすめの薬剤師転職サイトは?

このページの先頭へ