薬剤師転職

ママ薬剤師の復職におすすめ、託児所付き求人

薬剤師転職サイト ← ママ薬剤師の復職におすすめ、託児所付き求人

近年は、子供が生まれても仕事を続けることを選択する女性が増加しています。薬剤師でも、出産を機にいったん退職し、子供がある程度成長した時点で復職するケースが見られます。

そうはいっても、まだまだ「子供を持つ女性にとって働きやすい職場」は少ないのが現実です。幼児は感染病に対する免疫もまだ少ないため、急に発熱したり体調が悪化することもあります。

そうなれば、急遽仕事を休んだり早退させてもらって、子供の面倒を見なければならず、当然そのしわ寄せはほかのスタッフへと回ります。子供を持つ女性スタッフが多い職場なら理解も得やすいかもしれませんが、現実はなかなかそうはいかないものです。

実際問題として、育児と仕事の両立は大変です。しかし経済的な問題で働きに出ざるを得ないケースや、将来の教育費の積立のために働きたい方もいるでしょう。せっかく働くのならば、薬剤師の資格は生かしたいですよね。

では、子持ち薬剤師としての復職を考える場合には、どのような勤務先を選べば良いのでしょうか。 親と同居していれば、仕事中子供を見ていてもらうこともできますが、そうでない場合保育園に預けることになります。近年の待機児童問題を見てもわかるように、特に都市部では保育園自体に空きがないケースもあります。

保育園に入れても、「残業の時のお迎えはどうしよう」「急な休みが取れるだろうか」と不安は多いと思います。そんな場合に探したいのは、託児所付きの求人先です。勤務先に託児所があれば、残業でも安心して働くことができ、急なお迎えにもすぐに向かえます。

「託児所付き」の条件がある求人先で多いのは、病院の正社員での募集です。24時間スタッフが働く大きな病院では、医師、看護師、そして薬剤師などのスタッフが利用できる託児所を設置する医療機関が増えています。そのほか調剤薬局でも託児所付きの求人が見られます。

「正社員ではなくパートとして働きたい」という方もいると思いますが、パートの雇用形態で託児所付きの求人情報はかなり少ない傾向です。 託児所付きの条件を最優先に求人を探すと、職務内容や給与形態が希望とはちょっと違う・・・ということもあるかもしれません。しかし子供が小さなうちは託児所を利用して働き、大きくなれば、今度は希望の仕事へと転職する、というのもひとつの方法です。

託児所付きの転職先を効率的に探すならば、薬剤師専門の転職支援サイトが役に立ちます。非公開のものも含めて扱う求人数が多く、託児所付きの条件に絞って探すことが可能です。

子育てと仕事の両立のこと、そのことに対する職場の雰囲気、支援体制、ブランク有りでも安心な研修制度など、聞いてみたいことを、サイトの専門スタッフに相談してみましょう。便利なサービスを利用して、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。




このページの先頭へ