薬剤師転職

薬剤師転職の履歴書で、ウケのよい志望動機は?

薬剤師求人 ← 薬剤師転職の履歴書で、ウケのよい志望動機は?

転職において、希望する求人先へ応募する際必ず必要になるのが「志望動機」です。どんな履歴書であっても志望動機の記入欄があり、企業側での選考の際には、志望動機の内容が採用の合否に影響してきます。

履歴書のポイントであり、薬剤師の転職でも「志望動機は何と書けばいいのだろう」と悩むものと思います。そこで、薬剤師の転職志望動機を考えるときのコツを2点、確認しておきましょう。

1つめのコツは「目標を明確に記入すること」。実際に求人情報を選んだ時の理由は「給与条件がいい」「大手企業で安心できる」といったものかもしれませんが、そのまま志望動機にしては、短絡的すぎます。

「漢方の調剤・処方について学び、スキルアップしたいと思い希望しました」「職場見学でスタッフの皆さんのチームワークの良さに魅力を感じ、一員として働きたいと思いました」という風に、その企業に転職したあとの具体的な目標を、志望動機として文字にしてください。履歴書で目標が具体化することでアピールしやすくなり、面接でも好印象を持たれる可能性が高まります。

2つめのコツは「即戦力をアピールすること」。転職者数が多い薬剤師求人では、一から仕事を教える人材よりも、即戦力となって働ける人材を優先して採用したい、というケースが多いものです。

「内科・皮膚科を処方する薬局での勤務経験があり、そのスキルを活かせます」「大学病院の調剤薬局において処方業務を行っていたため、手際よく業務をこなせます」というように、これまでの職歴で培ってきたスキルを引用することで、即戦力になることを具体的にアピールできます。

このように、「明確な目標」と「即戦力アピール」を志望動機として文章化できれば、企業側担当者にも魅力的な人材という印象を与えることができ、転職の成功に一歩近づくことが出来るでしょう。

そうはいっても、悶々と動機について考え続けていると煮詰まってしまい、結局何が言いたいのか分からなくなってしまうことはよくあります。なかなかうまくまとまらない時には、専門家のアドバイスを利用するのもおすすめです。

インターネットで、空いた時間に無料で利用できる「薬剤師転職サイト」ならば、それぞれに専任のコンサルタントがつくので、履歴書の書き方についても細かく相談したり、アドバイスしてもらうことができます。

志望動機のような記入内容だけでなく、不備や誤字脱字のチェックをお願いすることもできるのも嬉しいですね。 下記では安心して利用できる薬剤師転職サイトを紹介しています。上手に利用して、転職活動に役立ててくださいね。




 薬剤師がこっそり教える転職に役立った求人サイトは?

このページの先頭へ