薬剤師転職

薬剤師転職の失敗、こんなことに注意

薬剤師転職 ← 薬剤師転職の失敗、こんなことに注意

薬剤師資格を持っていれば、豊富な求人情報から勤めたい職場を選ぶことができ、転職者も多い業界のひとつです。

転職の背景には「収入が希望より低い」「もっとスキルアップしていきたい」というような不満や、「家庭環境が変化し現在の勤務条件では働けなくなった」といった事情など、さまざまな理由があります。

そういった不満や事情を解消するために転職したにも関わらず、転職後も状況が改善せずに「失敗してしまった」というケースが少なからず見られます。 薬剤師の転職に失敗してしまう原因はなんなのか、その予防法についても確認しておきましょう。

誰かに相談したり、事前に求人先情報を精査することなく、求人誌などの情報だけを見て転職を決めると、「働いてみたら記載条件や面接時の話と現場とが違う!」という結果になることがあります。

「『育児休業制度有り』と書いてあったのに誰も利用してなく取りづらい」「育児中と伝えたのにスタッフ数が少なく休みの希望が通らない」「残業はあまりないと言っていたのにサービス残業が多い」という体験が聞かれます。

また、知人の紹介での転職決めも要注意です。医療業界従事者・関係者であれば、薬剤師の周辺事情も分かっており、本当におすすめの求人先を紹介してる可能性はあります。

しかし「親戚の紹介」など、とくに業界に詳しくない方がただ「薬剤師が募集されてたから」といって勧めているだけの場合、求人先の希望する人材と、自身のスキル・希望条件がマッチしない可能性が高くなってしまいます。

雇用者・スタッフとの相性があまりに合わないことも、転職失敗の原因のひとつです。 薬剤師は女性の多い職場です。複数の女性が長い時間一緒に働けば、どうしても人間関係のトラブルが起こりやすくなります。

雇用者・経営者との関係にも注意しなければなりません。大病院などでは影響がないかもしれませんが、小さな調剤薬局などではワンマン経営であることが多く、雇用者との相性が悪いと大変です。

対スタッフであれば話し合いで解決できる可能性がありますが、対雇用者では例え自分の方が正論を言っていたとしても、立場が異なるため自分の主張を通すことは難しいでしょう。

いくら条件のいい職場でも、毎日人間関係のストレスを抱えて働くのは辛いことです。職場の居心地が悪くなってしまい、ひどい場合には体調を崩したりうつ病になってしまうケースもあるのです。

薬剤師のヘッドハンティングでは、口約束で転職を決めずに、雇用条件をしっかりと書面にしてもらうように注意しましょう。 「管理薬剤師の求人で高待遇」と聞いていたのに、役職はなく責任ある仕事を回されるだけで収入は減ってしまった、という失敗事例があります。 ドラッグストアなど、チェーン店や大手企業への転職では、転勤についての希望をハッキリさせておかないと、失敗につながります。

転勤が無理ならば、採用時にその旨をしっかり伝えておきましょう。ハッキリさせないまま後になって転勤の辞令が出れば、当然断ることができずに後悔します。

明確な希望条件があるのに「ま、いいか」と妥協して職場を決めてしまうと、あとあと後悔するでしょう。履歴書を汚さない為にも、求人情報を選ぶ際に、職場の環境について実情をしっかり確認すること、待遇面の交渉を曖昧にしないことが大切です。

薬剤師専門の転職サイトならば、専任のコンサルタントが求人先について知りたいことを教えてくれますし、待遇について代わりに交渉してもらうことも可能です。 無料で利用できる転職サイトで、失敗しない転職先探しを始めてくださいね。




 薬剤師がこっそり教える転職に役立った求人サイトは?

このページの先頭へ