薬剤師転職

未経験薬剤師の就職・転職先はどう選ぶ?

薬剤師求人サイト ← 未経験薬剤師の就職・転職先はどう選ぶ?

薬剤師の資格を取得したものの、さまざまな事情で薬剤師の職に就くことなく、ほかの業界で働いたあとに「やはりせっかくの資格を活かしたい」と、薬剤師への転職を考えるケースがあります。

そんなときは、未経験薬剤師として転職することに、多少なりとも不安を感じるものと思います。 そこで、未経験の薬剤師でも転職しやすい求人先にはどのようなところがあるのかを、まとめておきたいと思います。

「大手チェーンの調剤薬局」・・・未経験転職者も、新卒社員と同じように、社会人として、さらには薬剤師としての研修を受けられるよう、サポート体制を充実させている企業が多いため、未経験でも安心して入社し、働くことができます。

大手で所属薬剤師数が多いというメリットが生かされ、退職・休業などでスタッフ数が減る時期には、他店からヘルプを出してもらうことも可能であり、勤務体制でのストレスが軽減されるのも魅力です。

「病院薬剤師」・・・総合病院などへの転職なら、同僚として働く薬剤師の数も多いので、分からないことを教えてもらって対処することが可能ですし、先の大手調剤薬局と同様、研修制度もある程度充実している場合が多いでしょう。 長く働くことを目標に病院薬剤師を転職先に選ぶ方もいれば、キャリアプランの一過程として、病院でより高い調剤知識とスキルを身に付けようと考える方もいます。

ただし分業化が進んだ病院では、やらせてもらえる業務がより限定的になる場合もあります。転職前に、同じ病院薬剤師でも、それぞれの希望のスキルを身につけるのに適した業務内容かどうかを、しっかり確認しておくことが大切です。

「ドラッグストア」・・・店舗数がどんどん拡大するドラッグストアは、薬剤師がいなければ開業することができません。未経験薬剤師でもその資格を重視して採用されやすい傾向があります。

業務内容を見てみると、一般用の医薬品販売が主な仕事であり、業務内容は商品の発注・検品・陳列、ポップ作成、レジ打ちなど多岐にわたり、調剤未経験の薬剤師でも活躍の幅が広くなります。これまでの他業界での経験を活かせるシーンも多くあるでしょう。

これらの「未経験薬剤師も働きやすい転職先」に対し、薬剤師未経験者には難しい職場として「個人経営の調剤薬局」が挙げられます。スタッフ数が限られた小さな調剤薬局では、それぞれの薬剤師が、オールマイティーに調剤からお客様対応までをこなす必要があり、大手のように研修制度を期待することはできません。

本来は即戦力の薬剤師採用が適した環境であるため、もしも未経験の場合には、転職できても苦労が多くなることを覚悟してください。とはいえ、このような転職事情の傾向はあくまで一般論であって、個々の求人案件によって事情はさまざまに異なります。 これまで培った能力や経験が活かせる薬剤師求人が、上記以外に存在することは十分にありえますし、年齢によっても事情は変わってきます。

同じ未経験薬剤師でも20代の方と40代の方とでは、病院薬剤師への転職を目指す難度は大きく異なり、もちろん前者の方がより条件が良く、求人数も多くなるでしょう。 そのほか、鍛えられた実践的な英語力があれば、製薬会社へ転職して、薬剤師資格と英語力を同時に活かす職種に就くことも可能です。

他業界で培ったどんな経験と能力があるのか、薬剤師専門転職支援サイトの専任エージェントへと詳細に伝え、それを活かせる転職先を紹介してもらってはどうでしょうか。 薬剤師としての今後のキャリアについて相談することもできます。下記でおすすめする転職支援サイトをぜひ参考にしてください。




 おすすめの薬剤師転職サイトは?

このページの先頭へ