薬剤師転職

50代の薬剤師転職、活動の前に知っておきたいこと

薬剤師転職 ← 50代の薬剤師転職、活動の前に知っておきたいこと

個人差があるとはいえ誰もが老化を免れることはできず、40代~50代と加齢が進むにつれて、まだまだ働ける世代でありながらも少しずつ体力の衰えを感じるようになります。職種や勤務環境によっては、転職を考えざるを得ない場合もあるでしょう。

下記の転職相談の事例で、50代・薬剤師の転職を考える際のポイントをおさえておきましょう。

「50歳を過ぎて、体力的に片道2時間の通勤が辛くなってきたので、自宅近くの調剤薬局への転職を考え始めました。しかし職務経歴では、製薬会社での薬事、品質管理業務を続けてきたため、調剤は大学在籍時の実習でしか経験がありません。転職は可能でしょうか?」

まず、薬剤師業界全体の転職事情を見てみると、これまでは売り手市場であったものの、6年生大学卒の薬剤師が増加しつつある影響で、少しずつ買い手市場へと変化してきています。

したがって、薬剤師の転職自体がこれまでよりも難しくなっているうえ、当然のことながら年齢が上がるほど転職へのハードルは上がっていき、50代ともなればより厳しい状況になります。

自分から望む転職だけでなく、50代となれば逆に企業側から「肩たたき」されてやむなく転職の必要に迫られたり、早期退職を促されるケースもあるでしょう。社会全体として、終身雇用制度は既に過去のものとなりつつあるのです。

そこで、50代の薬剤師の方が転職を考える場合には、これまでのキャリアを活かして、同じ職種での求人情報を探すほうが現実的です。 先述の薬剤師の方の場合であれば、50代まで培ってきた薬事・品質管理分野でのキャリアがあるわけですから、状況やアピールの仕方によってはヘッドハンティングでの転職の可能性もあります。

これまで築いてきた人脈を利用し、コネで転職先を紹介してもらうことについても検討してみてください。 もしも自宅近くで、同じ職種の求人を得るのが難しい場合には、薬剤師キャリアを活かせる転職先としてドラッグストアがおすすめです。

ドラッグストアでの薬剤師の仕事は多岐にわたるため、調剤経験がなくてもOKな求人先を見つけられる可能性が広がります。実際、50代でのドラッグストアへの転職事例は多く見ることができます。

同じ50代であっても、一般企業のサラリーマンと比較すれば、薬剤師の資格がある分そのチャンスはより多いと考えられるでしょう。それでも転職先がかなり限られることに違いはありません。一度離職してしまえば、転職先が決まる可能性は決して高くないのです。

そのため、転職先が決定するまでは決して離職をしないことが肝心です。現職での勤務を続けながら、希望に近い転職先を探す必要があります。

そのためには、休憩中や通勤中など空いた時間を有効に活用し、効率的に希望条件とマッチした転職先を見つけなくてはなりません。そんな場合に向いているのが、薬剤師専門の転職支援サービスの利用です。

インターネット上での薬剤師に特化した就活サービスで、無料登録すれば自分の希望に合った薬剤師求人情報を探すことができるほか、業界に詳しい専任のコンサルタントへの相談も可能です。

50代の薬剤師の転職事情についても、より詳しい情報を得ることが出来るでしょう。 下記サイトでは、おすすめの転職支援サイトを紹介しているので、参考にしてください。




 薬剤師がこっそり教える転職に役立った求人サイトは?

このページの先頭へ