薬剤師転職

薬剤師の転職相談の場と、活用の際の注意点

薬剤師転職サイト ← 薬剤師の転職相談の場と、活用の際の注意点

医療業界のほかの職業と同様に、薬剤師も求職情報が豊富な職種ですが、それは別の面から見れば、転職者が多いということでもあります。 スキルアップ、ステップアップを目指しての転職であったり、給与待遇、通勤時間、さらには職場での人間関係の不満など、薬剤師転職の理由はさまざまです。

専門職であるため、業界に特化した転職支援サービスも複数用意されていて、これらのサービスをより上手に活用することで、希望にかなった転職先を見つけることが可能になります。

薬剤師の転職支援サービスにはどのようなものがあって、利用の際にはどんな点に気をつければ良いのかを確認しておきましょう。 薬剤師業界に特化された転職活動の場として、転職エージェントと、転職支援会社が主催する相談会の2つが挙げられます。

インターネットで登録し、希望に沿った求人情報を紹介してもらう薬剤師専門の転職エージェントの魅力は、求人情報量の質と量です。ほかの求人情報誌やハローワークでは公開されない「非公開求人」情報は、転職エージェントにて入手することができます。

転職エージェント利用時の注意点として、情報量が豊富なだけに、自分が希望する「優先条件」を明確にしておく必要があります。給料、勤務地、職場環境など、どれを優先するかを明確にして初めて、エージェントの担当者も、より希望に適った情報を紹介することが可能になるのです。

次の注意点として、いくつもある転職エージェントの中から、よりよいものを選び活用しなければ意味がありません。インターネットでの口コミ、経験談を参考にしたり、実際に登録してみてコンサルタントとの相性を確認しましょう。

悪質なサイトでは、転職志望者の希望は二の次で、コンサルタント会社の利益を優先した求人情報ばかり紹介されてしまう、という体験談も聞かれます。

また、より規模の小さいエージェントの方が、相談に親身になってくれるのではないか、と思われがちですが、逆に大手エージェントの方がコンサルタント人数が多く、一人の志望者により多く時間を割いてもらえる場合もあることを知っておきたいですね。

薬剤師転職活用できるもうひとつの場である、転職支援会社主催の「相談会」は、近年開催件数も増加しているイベントです。 マンツーマンで薬剤師専門のキャリアコンサルタントと面談し、アドバイスを受けられる会や、多数の参加者と一緒に、コンサルタントに対して質問や相談を行う会もあります。

相談できる内容は多岐にわたり、薬剤師転職に特化した「面接対策」「履歴書対策」といった貴重な指導を受けることもできます。 イベントという特性を活かして、病院見学のバスツアーが組まれている場合もあります。病院での薬剤師の仕事を直に見て、雰囲気をつかめるチャンスであり、転職へのイメージがより鮮明になることでしょう。

このような相談会での注意点は、具体的な相談内容をまとめたうえで参加することです。会への参加は予約制で、相談できる時間は1~2時間が相場です。 漫然と参加しただけでは、時間を活用しきれず、有益な情報を得ることが難しくなってしまいます。

限られた時間を活用するため、相談相手のアドバイザーと相性が合わない、信頼がおけない、と感じた場合には、躊躇せずに担当者の変更をお願いしましょう。これは転職エージェントでも同じですが、アドバイザーとの相性は、転職相談の結果に大きく影響します。

下記で紹介するサイトでは、薬剤師の転職についてさらに有益な情報を見ることができるので、ぜひ活用してくださいね。




このページの先頭へ