薬剤師転職

薬剤師が病院へ転職するための心得

薬剤師転職サイト ← 薬剤師が病院へ転職するための心得

日本では、医薬分業がどんどんと進んでいます。 薬剤師が活躍できる場所も拡大して、調剤薬局とか全国展開のドラッグ ストアもありますね。

しかしながら、やはり病院の薬剤師は安定しています。 薬剤師を志した時期は、病院の薬剤師に憧れを持っていた人も多いでしょう。 ここでは、薬剤師が病院へ転職するための心得を考えたいと思います。

病院への転職を希望していても、現実的に病院薬剤師の求人はさほど 多くないのです。ニーズが多いドラッグストアと比べてみても、より 一層自己ピーアールは重要ですね。 あなたがその病院でどういった事ができるかどうかです。 そうするためには、どういった特徴の病院なのかを、知っておく必要が あります。あなたが勤務をしたい病院が気にしていることは二点です。

一点目は、長く勤務してくれるかどうかです。
二点目は、期待出来る人材かどうかです。

ですから、コミュニケーション能力は当然必須ですし、何が出来るかを 強調しなければ説得できませんね。

病院勤務の薬剤師は、医療チームの一員として仕事をするという特徴が あるのです。 この特徴は、他の調剤薬局やドラッグストア勤務とは大きくことなります。 ドクターやナースなど他の職種のスタッフと連携するシーンが多いです。

ですから、意見交換も日常茶飯事です。だからこそ、その地区の医療を支える 病院のスタッフとして何が出来るかが大切なアピールポイントになるわけです。 病院そのものは数多くあります。ですから、何故その病院を選んだのかと言う 事は、面接時に聞かれるケースが多いです。きちんと整理をしておきましょう。

その情報整理能力が面接の際に現れて、それが採用の是非になるでしょう。 転職する場合に面接は大きなハードルになります。 けれどもその後、病院でスムーズに仕事をするためには大事になります。 それよりも医療チームの一員として勤務をしますから、意思表示がキチンと できないのは危険だと言えるでしょう。

病院薬剤師は、スキルアップするには最高の環境でしょう。とてもやりがい のある仕事であるのは疑いの余地もありません。 病院薬剤師を目指したいならば、求人情報とか非公開の情報が豊富な薬剤師に 特化した転職サイトが便利です。普通では閲覧できない求人情報も多いのです。

個人で転職していても、非公開の情報は見る事が出来ませんから、転職活動は スムーズに行くでしょう。 そしてサポートしてもらえるコンサルタントもいるのです。転職サイトの情報量と、 サポートしてくれる専門コンサルタントの二つが揃っています。だから薬剤師に 特化した転職サイトを使っての転職成功確率はグンとアップするのです。




 おすすめの薬剤師転職サイトは?

このページの先頭へ