薬剤師転職

薬剤師の転職先:薬事業務について

薬剤師転職サイト ← 薬剤師の転職先:薬事業務について

薬剤師の資格を得て、それを活かして働くことのできる仕事は、病院や薬局での調剤師としての業務だけではありません。「薬事業務」も、薬剤師の資格を活かせる仕事のひとつですが、その仕事内容は調剤師のものとは全く異なります。

薬事業務として募集される仕事は、実際にどのような内容の業務を行うのか、薬事業務の求人の特徴についても確認をします。

薬事業務と言われる仕事にもいろいろありますが、Regulatory Affairs=RA部門と、Quality Assurance=QA部門の2つに大きく分けることができます。

RA部門は「薬事申請」とも言われます。医薬品メーカーが新しい医薬品を開発し、販売する前には「薬事承認」を取得する必要があります。この承認を得るために必要な事務作業・手続き全般を行うのが、RA部門で働く際の仕事です。

薬事申請のために必要な書類は申請書だけではありません。医薬品についての添付資料の作成や開発初期段階での計画書の作成なども業務に含まれ、申請時には厚生労働省からの質問に対し回答を行う必要もあり、これらに関する全ての作業を行います。

そのため、医薬品についての知識、公的文書作成の専門知識、ライティング力、コミュニケーション力など、幅広い方面のスキルが必要な業務です。

そして必須とされるのが「英語力」です。常に最新の、より良い製品が求められる医薬品事業は世界的に展開されるもの。外資系企業も多く、申請書類のひとつである治験薬概要書は日・米・欧共通のフォーマット(コモンテクニカルドキュメント)で作成する必要があります。

英語での専門的書類作成のほかにも、外資系メーカーとの打ち合わせや電話・メールといったコミュニケーションにおいても英語が使用されます。かなり高い英語力が必要と考えおく必要がありますね。

QA部門では、医薬品の品質保証・品質管理にまつわる業務全般を行います。製品の品質向上を目指し、ソフト面・ハード面のさまざまなルール整備を行ったり、医薬品の副作用や不具合について確認・予防・改善を提案したり、製品の検査、製造工場の立ち入り検査、お客様からのクレーム対応なども業務に含まれます。

薬事業務にはそのほか「薬事衛生」も含まれます。薬事衛生とは、地域社会の公衆衛生環境の維持・向上を目的とした業務です。

例えば子供達が通学する学校の衛生管理・環境改善やプールの水質検査、給食施設の衛生管理などを行う「学校薬剤師」や、空港での検疫、麻薬取締、旅館業における衛生管理などを行う「公務員薬剤師」は、この薬事衛生のひとつとされています。

こういった薬事業務の求人を、一般的な調剤業務を行う薬剤師求人と比較してみると、まずは求人数が圧倒的に少ないことがわかります。

特にRA部門では高い専門的スキルや英語力が必要とされますし、そのほかの職種でも、全くの新人を育てるのが難しい職場環境が多く、経験者が優遇される傾向にあります。このような特殊性からも、給与設定は比較的高額となっています。

薬剤師として薬事業務への転職を希望するときには、少ない求人を効率よく探すことができる「薬剤師専門の転職サイト」を活用しましょう。下記サイトでは転職サイト探しに役立つ情報を紹介しています。参考にしてみてください。




このページの先頭へ