薬剤師転職

薬剤師の転職先:品質保証・品質管理について

トップページ ← 薬剤師の転職先:品質保証・品質管理について

商品を扱う企業にとって品質保証・品質管理は非常に重要なポイントとなりますが、人の命や健康に関わる医療業界ではその重要度も高まります。そのため、品質保証職・品質管理職の転職者求人では、とりわけ経験者が求められています。

転職で薬剤師が品質保証職・品質管理職に就く場合には、どのような業務を行うものなのかを知り、その重要性について確認しておきましょう。

それぞれの業務はJIS9000(ISO9000)の定義によって「品質マネジメントシステムの一部」とされますが、その目的は異なっており、「品質保証業務は品質管理業務を包括している」と見ることもできます。

薬剤師の行う品質管理業務は「医薬品の品質を維持すること」が目的。医薬品そのものやその原料についても検査したり、一定の期間保存しておいた医薬品の状態を見て、製品の安定性をチェックします。

一方品質保証業務では、医薬品が製造~販売されるすべての過程において、製品の品質を向上させるためのルールを整備します。ソフト面・ハード面、両方の視点からの整備です。

品質に関するトラブルが起こった際の対応や、お客様からのクレーム対応も、品質保証業務のひとつであり、医薬品の品質を向上させることで、企業の利益を向上することまで目的としています。

ある医薬品があったとき、その品質が維持される=それ以上下がってしまうことを予防するために行うのが医薬品管理業務であり、その品質がより向上するように努力するのが品質保証業務です。それぞれの目的やアプローチの方向が異なっていますね。

医薬品の品質を向上させるためには、それを扱う従業員のルール作成まで行う場合があり、企業の経営方針や経営体質の改善までが求められるケースも考えられます。それだけ視野が広く、企業全体に関わる業務であることが分かります。

自社製品の不適合品が出てしまうことを予防する品質管理も、企業の社会的信用度を維持するための大変重要な仕事です。 このように医薬品にとって、ひいては企業にとって、品質保証業務や品質管理業務は大きな意味を持ち、各メーカーもそれぞれの業務に厳しい基準を設けているのです。

こういった背景があって、医薬品の品質保証・品質管理を行う部署の求人では、それだけのスキルを持った人材が必要とされます。

求人を見てみると、薬剤師の資格が必須とされているわけではありませんが、同じ能力を持った応募者がいれば、薬剤師資格がある方が、断然アピールしやすいですよね。

さらに品質管理業務の経験があれば、現場での事情を理解し品質についての感覚を持ち合わせているとみなされるため、品質保証業務職への応募においても、優遇されると考えて良いでしょう。

自身の希望やスキル、経験をふまえて、医薬品の品質保証・品質管理に携わりたい、と考えるならば、薬剤師専門の転職サイトの利用がおすすめです。詳細な希望に合った非公開求人を見つけることができます。下記サイトを参考にしてみてください。




このページの先頭へ