薬剤師転職

薬剤師の転職先:学術薬剤師について

トップページ ← 薬剤師の転職先:学術薬剤師について

薬剤師として就職先、転職先を探していると「学術薬剤師」という職種を目にします。学術薬剤師の仕事は、一般的な薬剤師業務である調剤薬剤師や病院薬剤師とは大きく異なっています。 学術薬剤師がどのような業務を行うのか、転職の際の求人情報の探し方、収入や勤務条件などの特徴を押さえておきましょう。

日進月歩の医薬品に関する最新情報を収集・管理し、必要に応じて問い合わせに対応したり、製薬企業や医師、薬剤師に情報提供を行うのが、学術薬剤師の仕事です。

製薬会社にとって、今後どのように製薬事業を進めていくか、その方針や戦略を決定するためには、医薬品に関する正確で詳細な最新情報が欠かせません。その情報を収集、分類して提供する学術薬剤師の存在は、会社経営にとっていかに重要なポジションであるかが分かります。

その重要性ゆえに、日本学術会議の薬学委員会専門薬剤師分科会においては、学術薬剤師の業務内容がしっかりと提言されています。

その提言によれば、医療現場における学術薬剤師の仕事は「リスクが高い医薬品を適正に使用すること」「医薬品の副作用・相互作用について臨床検査を行い、結果から必要とされる対応を提案すること」「副作用が重篤化することを回避するため、治療が難しい患者への対応のために医師へ処方を提案し、処方計画を行うこと」などが挙げられています。

このように、企業内においても医療機関においても、学術薬剤師は重要な役割を担っており、これを反映した求人の特徴として「求人数自体が少ない」「非公開求人が圧倒的に多い」ということが挙げられます。

なかでも外資系や国内大手の製薬会社における学術薬剤師求人では「出来るだけ優秀な、即戦力となる人材を」というスタンスが主流で、応募者数よりもその質が求められています。

求人情報は一般に公開されることはなく、「非公開」というかたちで、より確実に希望の人材を確保することができる「薬剤師専門の求人サイト」などが利用されるのです。

経験者が優遇される傾向があるとはいえ、学術薬剤師の育成に力を入れており、研修が充実していたり、人材受け入れの体制が整った企業もなかにはあります。もしも学術薬剤師未経験者が転職を目指す場合には、このようなバックアップ環境がある求人先を選ぶことがポイントです。

収入条件としては、先に述べたような業務内容の重要性を反映して、調剤薬剤師などほかの職種と比較すればより高い年収が見込めます。

勤務体制では、残業はほとんどなく完全週休2日制なので、不規則な勤務時間となることはありません。デスクワークが多いために人間関係の煩わしさが少なく、自分の時間を大切にしたい方、休日はしっかりと休養したい方にもおすすめです。

詳細な待遇を見てみると、育児休暇や介護休暇が用意されていたり、医療現場に近い仕事であるため「ドナー休暇」が設けられている求人もあります。自分の家庭環境やライフスタイルに合わせて、こういった待遇面もしっかりと確認しておくと良いでしょう。

学術薬剤師へと転職してキャリアアップを目指したい方は、その求人の特性から、まずは薬剤師専門求人サイトへ登録し、専門コンサルタントに相談してみてください。希望にあった非公開求人情報の紹介を受けることができます。




このページの先頭へ