薬剤師転職

薬剤師の転職先:外資系企業について

トップページ ← 薬剤師の転職先:外資系企業について

薬剤師でも「調剤薬局ではなく製薬会社で働こう」と志す場合には、日本の企業だけでなく外資系企業も転職先の選択肢として含まれてきます。 薬剤師が日本の企業へ就職する場合と、外資系企業へ就職する場合に、その求人条件や待遇、収入の見込みはどう違ってくるのかを知っておきましょう。

薬剤師という資格をもち、さらに製薬会社への勤務となれば、ある程度の高収入を得ることができますが、外資系の製薬会社ならばさらに高い年収を望むことも可能です。 外資系といえば製薬業界に関わらず「成果主義」が基本です。成果を上げれば上げるほど、その評価は給与に反映されるため、なかには年収1千万円を謳う求人情報も。

その他の薬剤師の求人情報でこれほどの給与提示を見ることはありませんし、まるで医師の年収のようですが、これは決して誇張ではなく、努力をして成果を上げることができれば実現する数字なのです。

さらに待遇面においても、日本の製薬会社では望めないような福利厚生を受けられるところもあります。具体的には1週間に4日勤務し3日休日といったフレキシブルな勤務設定が可能だったり、交通費が全額負担される、といった内容です。このような高待遇を優先条件として、外資系企業を選択するという方もいるかもしれませんね。

高収入、高待遇を目指して外資系の製薬会社への転職を目指すなら、必ず必要になるのが「高い英語力」です。実際に求人情報を見てみると、その条件に「TOEIC」の点数を挙げている企業がとても多いことに気がつきます。

外資系ということは外国人の社員が多くなります。社内の公用語としては英語を使用するものと考えておきましょう。日常会話はもちろんのこと、業務上の医療関係の話なども英語で行われ、書類の作成や電子メール作成も、英語を使用することが多くなります。

とはいえ、外資系企業といえどもその内情はさまざまなので、なかにはそこまで高い英語力を求められないケースもあります。 しかし外資系の製薬会社に転職を希望する方は、より高い収入やスキルアップを目指している方がほとんど。就職後のキャリアプランにとっても、やはり英語力は欠かせなくなると考えて間違いありません。

雇用する側としても、世界で通用する英語力を持った、即戦力となる社員を採用したいと考えるはずです。転職時の条件交渉でも、英語力があれば大きな交渉材料とすることが可能です。 前もって学校に通ったり、ネイティブの方と会話を練習したり自分でも勉強するなどして、英語力を磨いておきましょう。

外資系企業での採用で最も重視されるのは「英語力」ですが、そのほか、日本企業での薬剤師採用でも求められるような、CRA(Clinical Research Associate)=臨床開発モニターの経験1年以上、開発・学術系の経験3年以上といったキャリアも考慮されます。

薬剤師の資格や経験を活かし、さらに高い収入、待遇を目指してキャリアアップしていきたい方には、転職先として外資系製薬会社が合っているといえます。

転職の際には「薬剤師専門の転職サイト」の利用がおすすめです。薬剤師専門のコンサルタントが担当し、外資系企業についても、さらに詳細な待遇や条件を確認したり、アドバイスを求めることができます。




 おすすめの薬剤師転職サイトは?

このページの先頭へ