薬剤師転職

薬剤師の転職、化粧品メーカー

薬剤師転職サイト ← 薬剤師の転職、化粧品メーカー

薬剤師が活躍する場は様々ありますが「化粧品メーカー」を希望しているという方も多いのではないでしょうか。どんな職場にしたって、転職するには何かしら注意しなくてはならない点が出てくるものです。ここでは、薬剤師が化粧品メーカーへ転職する際の注意すべきポイントについてご紹介いたします。

最初に知っておかなくてはならないのが、化粧品メーカーにおける薬剤師の仕事の範囲です。化粧品メーカーでの仕事内容は多岐に渡りますが、薬剤師の資格を活かせる業務は皮膚に関する研究や商品・薬剤の開発など様々あります。

そうはいっても、企業によって薬剤師の業務内容は異なります。しかし、どこも共通して任されることが多いのは、薬事管理に携わる仕事ではないでしょうか。 商品研究の仕事がしたい、という薬剤師さんも多いと思いますが、実際は理学部を卒業された方が多い職種であり、薬学部出身の薬剤師は意外にも少ない場合が多いです。

そのため、化粧品メーカーでの薬剤師求人は、研究・開発よりも薬事管理業務を募集している所が多いことを理解しておく必要があります。また、最近では薬事管理以外にも、営業や広告などの販売、商品開発や商品価値を上げるために消費者の声を聞く市場調査など、以前に増して活躍の場は広がってきているように思えます。

以上のことから、化粧品メーカーで働く薬剤師に求められるものは、経験や技術だけではないということが理解できたのではないでしょうか。

化粧品は、ダイレクトに肌に触れるものですから、医薬品に関する知識を備えているのは当たり前のことですが、さらに、皮膚に関する知識も兼ね備えて持っておくと採用時にポイントは高くなるでしょう。 また、化粧品メーカーは、国内だけでなく海外企業からの薬剤師募集も盛んに行われています。

海外企業で働きたいという方は、英語などの語学スキルに加え、コミュニケーションのスキルが必要になっています。さらに、活躍の範囲は企業内に留まらず、医師や医療機関、学会などに情報を提供・交換する機会も出てきますので、自分の希望とする企業があるのなら、どんなスキルが求められるのかをしっかりと調べておかなくてはなりません。

そして、化粧品メーカーによっては、勤務年数や製薬メーカーでの勤務経験、薬事業務経験を問われるところもあります。薬剤師をこれだけ厳選しているということは、そのぶん給料・年収の面で期待できるといったメリットもあります。

国内メーカーの年収を挙げると500万円前後、海外メーカーの場合は年収700万円近く見込めると言います。 もちろん、こうした企業で働く薬剤師がみんな高収入であるというわけではなく、実績や成果によって収入は変動するものですが、転職で収入アップを考えている薬剤師さんにとっては大きなチャンスを自分の手で掴みとることが可能な魅力的な職場なのではないでしょうか。

このように、薬剤師が化粧品メーカーに勤務する場合、事前に知っておきたい注意点は沢山あります。しかし、最も注意してもらいたいのは、今からお話するポイントについてかもしれません。

それは、化粧品メーカーの薬剤師求人の数が非常に少ないということです。求人が出ても、人気のある職場なだけに募集が殺到しますので、早くに受付を終了してしまうパターンが多いのです。そのため、薬剤師専門の求人サイトを利用するなどして新着求人をチェックし、すぐに応募できるような環境に整えておくことをおすすめ致します。




 おすすめの薬剤師転職サイトは?

このページの先頭へ