薬剤師転職の際に知っておきたい医療系資格サイト

医療の現場を思い浮かべたときに、最初に出てくるワードは「看護師」という方が多いと思います。しかし、医療の資格を取って就職できる仕事は看護師だけとは限りません。ここでは、薬剤師が転職を考えるときに知っておきたい色んな医療資格について見ていきたいと思います。

一概に「医療資格」といっても、いくつもの種類があるのをご存知でしょうか。国家資格だけで考えても薬剤師の他に、看護師や助産師や保健師、臨床検査技師や臨床工学技士など、たくさんの資格が存在します。資格によって試験の難易度や取得までにかかる時間はさまざまですが、どの資格も人々の命に関わるとても重大な役割となっています。

今から資格を取ろうと努力している方も、資格はすでにあるが休職中で職場復帰をしたい方も、今一度医療系の資格を社会でどう活かしていくことができるのか、考えてみるとよいでしょう。

ここでは、医療系の国家資格の中でも比較的よく聞くことのある職業について、詳しく紹介していきましょう。

まずはじめに、医療の現場だけでなく介護などの幅広い場面で活躍し、需要の高い職業とされているのが、看護師です。怪我人やお年寄りなど、身体が不自由になってしまった患者さんたちを、医師の指示の元で全面的にサポートします。

また、病気の患者さんはメンタル面でもとてもナイーブになっています。そうした時にメンタルケアを行ってあげるのも、看護師の大切な役割となっています。看護師は女性の割合が多い職業のため、結婚や出産で退職する方が多く、転職先を探すのには困らないことから、安定した人気があります。

次に、スキルアップを目的として資格を取るのであれば、助産師や保健師がおすすめです。

助産師は、お産のときに産婦のそばでお産の手助けをしたり、妊娠中で情緒不安定に陥りやすい妊産婦のメンタルケアなどを行います。診断や体調管理の他にも、妊産婦への指導や相談など、幅広い仕事をこなすことになります。現時点では女性のみの資格となっているため、女性としての誇りを持って働いている方が多いように思えます。

そして保健師は、学校や保健所などで集団での検診を行ったり、病気の予防、健康増進活動へのアドバイスなどを行います。学生や会社員だけではなく、赤ちゃんからお年寄りにいたるまで、あらゆる人が健康に毎日を過ごせるように手助けをしていく、とてもやりがいのある仕事となっています。

いま紹介した職業だけではなく、それぞれの医療資格が人々にとって大きな役割を果たしています。資格を取得するまでには長い時間と大変な努力が必要になりますが、職業としても安定していて、やりがいのある仕事ばかりです。この機会にぜひ、取りたい資格を考えてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ